背負っても疲れないビジネスリュックを選ぶポイントは軽量で蒸れないものを選ぶこと

リュックを背負うと肩が凝って疲れる、背中の蒸れが気になってしまうという方は多いでしょう。特に、ビジネスや勉強のためにPCを入れているとその分重くなってしまい、肩や背中に負担がかかって疲れを感じてしまいます。リュックを背負ったときの疲れが気になる方には、軽量で蒸れないビジネスリュックがおすすめです。

こちらでは、リュックを背負うと疲れてしまう理由と、背負っても疲れないビジネスリュックを選ぶポイントをご紹介いたします。Pine-grove-companyでは、軽量で蒸れないのはもちろん、背負っても疲れない工夫を施しているビジネスリュックを取り扱っています。

リュックを背負うと疲れる理由

黒いリュックを背負う背中

リュックを持つと疲れてしまうのには、以下のような原因があります。

筋力が弱い

リュックは左右の肩にバランス良く圧がかかるため、ショルダーバッグなどと比べると歩きやすく身体への負担も少なく済みます。

しかし、ほとんどの方が、左右均等に筋肉がついているわけではありません。右と左で同じ動作をしたのに、どちらか片方だけが筋肉痛になっているというのはよくあることでしょう。

左右に同じ負担をかけたつもりでも、筋肉がついている方が筋肉のない方をかばうことで左右に負担の差が生まれて疲れてしまうのです。

リュックの位置が低い

おしゃれのために、通常よりも低い位置でリュックを背負っている方も多いです。しかし、重心が下がることにより重みをカバーするために前かがみになってしまい、より身体への負担が増えて疲れてしまいます。ショルダーパッドを調整して、リュックの底が骨盤よりも上の位置にくるようにするのがおすすめです。

背負っても疲れないビジネスリュックを選ぶポイント

人差し指を指しているビジネスマン

リュックを背負うと疲れるという方は、背負っても疲れないリュック選びが重要です。背負っても疲れないビジネスリュックを選ぶために、以下のポイントを押さえておきましょう。

背中のパットがフィットするもの

背中に当たる部分にクッションが入っていて、優しくフィットするものがおすすめです。また、メッシュ素材など空気が通る作りになっていると、蒸れないため快適に使うことができます。

ショルダーパットが太くて柔らかいもの

肩への負担を左右するのがショルダーパッドです。ショルダーパッドが細いと肩に食い込んで痛くなってしまうため、幅広でクッション性のあるものを選びましょう。幅広タイプのショルダーパッドは荷物の重量を分散して、バランスがとりやすくなります。

また、チェストストラップがあると、重さによる揺れを防いで負担が軽減します。

背中よりやや小さめのサイズ

リュックのサイズが背中よりも大きいと、歩くたびにリュックが揺れ動き、無意識に肩や胸に力が入ってしまい疲れやすくなります。リュックは背中よりもやや小さめのサイズを選び、背中で安定させることが大切です。

軽量で蒸れない、背負っても疲れないビジネスリュックはPine-grove-company

PCや資料などを入れるビジネスリュックは、どうしても重くなってしまいがちです。リュックが重くなると身体への負担も大きくなるため、背負っても疲れないビジネスリュックを選びましょう。

Pine-grove-companyでは、軽量で背中が蒸れないのはもちろんのこと、背負っても疲れないビジネスリュックを取り扱っています。リュック自体が軽量のため、荷物が多い方も安心です。

また、背中部分はクッション性があり、通気も良いため蒸れないビジネスリュックをお探しの方にも人気があります。背負っても疲れないビジネスリュックをお探しの方は、ぜひPine-grove-companyをご利用ください。

背負っても疲れないビジネスリュックをお探しならPine-grove-companyへ

会社名 Pine-grove-company(パイングローブカンパニー)
住所 〒332-0017 埼玉県川口市栄町1-7-6
TEL 080-5478-4125
営業時間 随時 定休日:不定休
URL https://mm-pinegrove.com/
PAGE TOP